最近気になる車の売却額 > 車の基本的な知識 > なぜ法人はオークションではなく買取業者で車を売っているか

なぜ法人はオークションではなく買取業者で車を売っているか

車売却の手段は、ディーラーや買取店だけではありません。ネットオークションで売却するやり方もありますね。

 

そのやり方の一番のメリットは、高く売れる可能性です。一般的には、上記のようなお店に比べれば高く売れる傾向があるのは確かです。もっとも多少の手間が発生するのが、デメリットではあります。このためオークションの代行業者を用いて、車を売っている方々も多いのですが。

 

ところで人によっては、一般車ではなく少々特殊な車を保有している場合があります。いわゆる会社で用いているタイプの車ですね。
例えばトラックです。今や日本の物流にとっては、トラックはほぼ必要不可欠です。現に街を歩いていても、本当に多くのトラックを見かけますね。

 

ところでトラックを売却している法人は、主に買い取り業者を用いているようです。いわゆるトラック買取の業者ですね。オークションを用いてトラックを売却している業者は、やや少なめな印象を受けます。

 

現にそれはネットでの情報サイトを見ても明らかですね。トラックをオークションで売却している事例は、やや少なめなようです。
ただ中間マージンなどを考慮すれば、トラックはネットオークションの方が高く売れるとは推理します。買取業者の手数料はかなり高めですが、ネットオークションにはそれが無いからです。

 

にもかかわらず多くの法人が買い取り業者を利用している理由は、恐らく手間ではないでしょうか。オークションに出品をしてトラックの売却をするのは、かなりの知識が必要だと思います。トラックという車種は専門的な知識が色々求められますし、それをオークションの商品説明文でアピールするのも大変ですね。

 

それよりは買取業者に依頼をする方が、手間がかかりません。手間を省く為に、多くの法人はオークションではなく買取業者に依頼をしているのではないでしょうか。

車の基本的な知識

最新記事