最近気になる車の売却額 > 車の基本的な知識 > 車会社がどう利益を上げてるか

車会社がどう利益を上げてるか

車関係の会社は、新車や中古車をお客様に売って儲けを出していますよね。しかし、ここ近年、買取業も手掛けるところが増えてきています。それはそっちの方が儲かるからです。新車や中古車を売る場合は、車の整備・点検・クリーニングなどした後に店舗に置かれそして買ってくれる人を待ちます。それよりも、お客様から車を買います。

 

そして整備点検などはせずにそのままの状態でオートオークションに持って行きます。そうすると、買った金額と会場までの送る代金と出品代を足した値段よりも簡単に高く売ること出来るのです。そうすると利益を手に入れ、お店には売れない車が残ることもなく、無駄に車を置いておく店舗敷地を増やさなくて済みます。

 

その他に、買取業者は車を輸出することにも力をいれています。
日本では車検が厳しくだいたい10万キロ走れば車の寿命で買い替えと言われています。あれもこれも修理しなくちゃと言われ、それだったら新しく買った方が安いということで、買い替えざるを得ないのです。
>>ストリーム 買取

 

しかし、海外はしゃけんがとても緩いので、20万キロでも30万キロでも走ればOKなので、日本では人気のないカラーの車でも、どんな古くても日本車がよく売れるんですね。そこをよく理解して、買取業者は輸出業も始めたのです。

車の基本的な知識

最新記事